top of page
検索
  • 上兼栗 つむぎ

「発達課題」とはなんぞや

小さい子どもさんが思い通りにいかないとかんしゃくを起こしたり、初めての経験に対して不安になったり、果ては頑固に拒否したりする場面はよく目にすると思います。「発達課題」なんて言葉も聞いたことがあるかもしれません。

 子育て支援に携わって何年にもなると親御さんも同じ道筋を辿っていることに気が付きます。子育ての毎日は思い通りにいかないことだらけ。初めての子育てならなおさら、見通しがつかないので不安が募ります。

 訳知り顔でかくいう私も、団体を育てるという新しい仕事に着手し、上記と同様の道程でイライラしたりクヨクヨしたりしています。

 こうして見ますと、「発達課題」とはなんぞや。人は歳を取っても小さい子どもと同じような悩みの中で生きています。ただ内容が代わっているだけ。

 発達に対して多くの人が上へ上へと階段を登るようなイメージを持っているようですが、本当はマンダラ図のようなものかもしれません。子どもさんの生の一瞬一瞬が完成形でありその一瞬の絵は年老いて死にゆく時に振り返る全人生の絵と等しいのだと想像します。

 話を現実に戻しますと、子どもさんに対して(大人同士であれ)、自分はすでに「課題」をクリアしたと驕っている何者かが評価を下し、その評価が人の心身を害するほどにパワーを持っている社会はそう長続きはしますまい。まるで空中楼閣です。

 自分の「課題」を認識したり、時には人から与えられることも悪くはありません。例えばボールつき遊びで、10回までつこうと決めてやると、ただついているより夢中になれておもしろいですよね。本当に大切なのは今が充実することです。「課題」はあくまでも充実した人生を送るためのツールなのだということを忘れないようにしたいと思います。

閲覧数:103回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「自分らしい子育て」の解釈について

「自分らしい子育てをしよう」、最近こんなメッセージを目にすることがあります。これはSNSなどのインターネット情報に翻弄されることなくやれるようにやっていこうという励ましの言葉だと理解しています。しかし時々この言葉の意味を取り違えている人がいるのではないかと心配になります。 多様性が重視される世の中になり、どんな考え方も滅多に否定されません。生活スタイルも家庭ごとに様々で、子育て支援の現場でも保護者

夫婦の絆

私の両親は大変若くして結婚し、おおむね仲の良い夫婦でした。ケンカもよくしていましたが、お互いの他に頼れる人もいなかったのです。ですから本気で別れようとしたことはなかったと思います。 母は京都市の真ん中で生まれ育った町の子です。明るい反面興奮しやすい性格、行動力はありますが思慮は浅く享楽的、押しが強くていつも自分の尺度でしか物事を量れないので、おせっかいの押し売りに父は始終辟易していました。 父は広

切っても切れないへその緒

色々な人にお話を伺うと、多くの方がご自分の親御さんに対して「ああして欲しかった」「こんな親であって欲しかった」という願望を一つや二つは持っていると気付きます。 かく言う私も同様に、老母が不治の病にかかっていてさえそう思うのです。最近母の体調が、「もはやこれまで」というほど悪くなった時がありました。その前後、母は人が違ったようになっていました。生活習慣やお金の管理などについて私のアドバイスを素直に聞

Comentários


bottom of page