top of page
検索
  • 上兼栗 つむぎ

お産と人生観

 第一子のお産はどちらかと言えば難産でした。小さな産院の優しい先生で、妊娠中の生活について注意らしいこともおっしゃいませんでした。自分も若くて知識もなかったのでだらだらと暮らしていました。きっとそのせいです。

 お産の始めは痛みに注意を向けて、自分の身体の状態を把握することに集中していました。しかし三日目ともなると疲れて、また痛みの度合いが自分のバロメーターを越えてきたものですから、そのような余裕はなくなりました。もはや痛みと私は一体となり、痛みは私をさいなむものではなくなっていました。これは素晴らしい体験でした。

 赤ちゃんを産み落とすまでお産をやめるわけにはいかない、ということと、死を迎えるその日まで生きなければならないということは似ていると思います。

 今回の疫病から、私たちは様々な痛みを与えられています。この痛みと一体となって生きてゆくことができれば随分楽なのですが‥。私もなかなかお産の時と同じ境地には行けません。

 さて、お産というイベントがすっかり好きになった私は、その後二人の子どもの出産を自宅出産という形で心ゆくまで味わい尽くしました。しかしそれはまた別のお話。

閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「自分らしい子育て」の解釈について

「自分らしい子育てをしよう」、最近こんなメッセージを目にすることがあります。これはSNSなどのインターネット情報に翻弄されることなくやれるようにやっていこうという励ましの言葉だと理解しています。しかし時々この言葉の意味を取り違えている人がいるのではないかと心配になります。 多様性が重視される世の中になり、どんな考え方も滅多に否定されません。生活スタイルも家庭ごとに様々で、子育て支援の現場でも保護者

夫婦の絆

私の両親は大変若くして結婚し、おおむね仲の良い夫婦でした。ケンカもよくしていましたが、お互いの他に頼れる人もいなかったのです。ですから本気で別れようとしたことはなかったと思います。 母は京都市の真ん中で生まれ育った町の子です。明るい反面興奮しやすい性格、行動力はありますが思慮は浅く享楽的、押しが強くていつも自分の尺度でしか物事を量れないので、おせっかいの押し売りに父は始終辟易していました。 父は広

切っても切れないへその緒

色々な人にお話を伺うと、多くの方がご自分の親御さんに対して「ああして欲しかった」「こんな親であって欲しかった」という願望を一つや二つは持っていると気付きます。 かく言う私も同様に、老母が不治の病にかかっていてさえそう思うのです。最近母の体調が、「もはやこれまで」というほど悪くなった時がありました。その前後、母は人が違ったようになっていました。生活習慣やお金の管理などについて私のアドバイスを素直に聞

Comments


bottom of page