top of page
検索
  • 上兼栗 つむぎ

情けは人の為ならず

 この言葉は、人に親切にすることは即ち自分のためでもあるのだよ、位に理解されることが多いのではないでしょうか。

 ずいぶん昔に読んだ文章で、太宰治の人柄について印象に残っていることがあります。

 太宰は飲み屋さんなどで先輩や友人におごってもらう時はすましているくせに、その辺で出会ったおじさんの分まで勘定を払う時などは申し訳なさそうな様子であったそうです。

 子どもの頃は太宰治なんてダメ男だなって思っていたのですが、大人になって、特にその人柄を記した文章(どなたの文か忘れました)に触れてからは、作品をよく味わうようになりました。

 話しは変わって子どもさんというものは、あなどることなかれ偽善や欺瞞をよく見抜くものですね。子どもの目に見つめられて身がすくむ思いをした経験が何度もあります。

 これも何で読んだか忘れましたが(読書記録をつけない人間です)この世で良い行いをして誰にも「ありがとう」と言われなかったら、あの世の「得」になると。仏教のお説法なのですね。私はこの話を好んで我が子にしました。

 「ちゃーちゃん、得ってなあに」

 「あの世のポイントみたいなものやで」

 「あの世のポイント集めたいわ!」

 お盆には「おしょうらいさん」のお迎えに行き、そこで恐ろしい地獄絵やお浄土の絵を見て大興奮の我が子たち。あの世にポイントを貯めておけるのならば、それはそれは心強いと思ったことでしょう。

 誰にもお礼を言われず、知られることすらなく、人のために働いている方々に、あまねく三千世界の富が、本当の意味の富が集まりますように。合掌。


閲覧数:105回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「自分らしい子育て」の解釈について

「自分らしい子育てをしよう」、最近こんなメッセージを目にすることがあります。これはSNSなどのインターネット情報に翻弄されることなくやれるようにやっていこうという励ましの言葉だと理解しています。しかし時々この言葉の意味を取り違えている人がいるのではないかと心配になります。 多様性が重視される世の中になり、どんな考え方も滅多に否定されません。生活スタイルも家庭ごとに様々で、子育て支援の現場でも保護者

夫婦の絆

私の両親は大変若くして結婚し、おおむね仲の良い夫婦でした。ケンカもよくしていましたが、お互いの他に頼れる人もいなかったのです。ですから本気で別れようとしたことはなかったと思います。 母は京都市の真ん中で生まれ育った町の子です。明るい反面興奮しやすい性格、行動力はありますが思慮は浅く享楽的、押しが強くていつも自分の尺度でしか物事を量れないので、おせっかいの押し売りに父は始終辟易していました。 父は広

切っても切れないへその緒

色々な人にお話を伺うと、多くの方がご自分の親御さんに対して「ああして欲しかった」「こんな親であって欲しかった」という願望を一つや二つは持っていると気付きます。 かく言う私も同様に、老母が不治の病にかかっていてさえそう思うのです。最近母の体調が、「もはやこれまで」というほど悪くなった時がありました。その前後、母は人が違ったようになっていました。生活習慣やお金の管理などについて私のアドバイスを素直に聞

Comments


bottom of page